童貞の私は彼女が欲しくて仕方がありません。だけど、なかなか彼女が出来ません。欲求が溜まるのでたまに電話エッチを利用して赤の他人と電話エッチで欲求解消をしています。そんな私がついに好きな人が出来ました。彼女は私と同じアルバイトで働いている1つ年下の女性です。彼女と少しでも話せるようにと彼女が働く時間帯で私もシフト等を入れたり、彼女の会話は出来るだけ覚えて、彼女が欲しいものはプレゼントをしたりとしています。そして今度デートの約束をしました。

「観たかった映画、いつ観に行く。」「大学の試験がもうすぐだからそれが終わってからかな。」俺は試験が終わるまでの間とても楽しみにしていました。
オナ指示を希望する熟女とオナニーの見せ合い

ところが、試験が終わっても俺と遊んでくれません。そんな時でした。同じ職場で働く香織から驚く話を聞きました。「山田君、ゆきちゃんのこと好きでしょう。彼女は別に好きな人がいるから諦めた方がいいよ。」ショックでした。なんで早くそれを言ってくれなかったんだろうと思いました。落ち込んでいる俺にその香織がさらに話を続けました。「私、その映画観たいから一緒に行かない。」まさかこういう展開になるとは思ってもいませんでした。そして、私は香織と映画を観に行きました。香織に対しては好きと言う気持ちはありませんでしたが、でも一緒に遊ぶにつれてだんだんと好きと言う気持ちが芽生えて来ました。その後も何度か2人で遊びに行ったりしているせいか、ここ最近電話エッチしなくなりました。出来ることなら、香織と付き合い、童貞実際卒業ができたらいいなと思いました。
セフレ募集
セフレの作り方
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX